マナーに沿って返ししよう|一工夫でみんなが笑顔になれる|気持ちを込めた出産祝いを贈る
服

一工夫でみんなが笑顔になれる|気持ちを込めた出産祝いを贈る

マナーに沿って返ししよう

レディとベビー

子供が生まれると、両親など親族や友人から、お祝いをもらう事があります。自分達だけなく、周囲の人にもお祝いしてもらえる事は、とても喜ばしい事であり、その気持ちを出産内祝いとして、お返しする必要があります。近年、出産内祝いで選ばれることが多いのが、生まれた子供の名前を入れたギフトです。カステラやバームクーヘンなど、お返しに選ばれることが多い菓子に、直接名前を入れたり、タオルやお酒の帯に名前を記入して送ります。出産内祝いで、名前の紹介をすることができ、また写真付きのお礼状を添付する事もできます。また、お祝い事なので明るく鮮やかなカラーのお礼状が評判であり、女の子であればピンク系、男の子であれば水色系が選ばれています。

出産内祝いとは、出産祝いのお返しの事を意味しています。これから出産を控えている方であれば、特性や基本的なマナーを覚えておくと良いでしょう。まず、覚えていきたいのが、いつまでに出産内祝いを渡すかという事です。一般的には、お宮参りのころが良いと言われていますが、最低でも2か月までにはお返しするのがマナーでしょう。また、いくらぐらいの品を選べばいいのかも、とても悩んでしまうポイントです。半額返しが基本と言われており、それ以下の場合、失礼にあたる事もあります。また、頂いた金額以上の品を送るも、失礼にあたる事なので、けして行わないようにしましょう。出産内祝いは、子供が生まれた、幸せのおすそ分けのような意味も持っているので、相手が不快にならないマナーが必要となります。